安倍首相の機能性胃腸症とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他の情報をみる
人気blog ブログの殿堂 JRANKブログ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

安倍首相の機能性胃腸症とは

辞任を表明した安倍晋三首相は13日、東京都新宿区の慶応大学病院に入院しました。

安倍総理の容体は「胃や腸の機能が悪化している」として機能性胃腸症と診断されています。
「少なくとも3、4日か数日」の入院が必要とのこと。

胃や腸に内視鏡による目に見える異常は見られないけど、肉体的な疲労や精神的なストレスの関与があるようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070913-00000074-jij-pol


安倍首相の診断された機能性胃腸症とは、胃潰瘍や胃がんなどの器質的な疾患はないのに、胃痛、胃のもたれ感、膨満感、食欲不振、むかつき、むねやけを症状とする疾患です。

ストレスをためない規則的な生活を送ることが大切です。

 
スポンサーサイト
他の情報をみる
人気blog ブログの殿堂 JRANKブログ

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

17 : 27 : 51 | ニュース | page top↑
| ホーム |

おすすめ情報商材

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入り


テクノラティお気に入りに追加する
My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
20070824_208790.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
JRANKブログ

ブックマーク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。