大リーグ薬物疑惑、日本球界にも飛び火

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他の情報をみる
人気blog ブログの殿堂 JRANKブログ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

大リーグ薬物疑惑、日本球界にも飛び火

大リーグ現役のスター選手を含む86人の選手が薬物疑惑

米大リーグの薬物使用の実態に関する最終報告書が13日(日本時間14日)、ニューヨークで発表されましたが、驚くことに現役のスター選手を含む86人の選手が実名入りで挙げられました。

その中には日本でも名前の知れた選手もいます。7年間所属した西武を退団したアレックス・カブレラ内野手はダイヤモンドバックス時代の00年、クラブハウスにあった荷物に筋肉増強剤などの禁止薬物が入っていたと報告されています。

日本プロ野球組織(NPB)の根来泰周(ねごろやすちか)コミッショナー代行は「(日本のプロ野球界では薬物検査を)ちゃんとやって問題ない。
うちの組織としては、監視は行き届いている」と話しました。

薬物を使用することで、そんなに結果に違いがあるんですかね。
薬物チェックが厳しいことはわかっていると思うのですが・・・
日本に飛び火しているようですが、実際はどうなんだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000103-mai-base
スポンサーサイト
他の情報をみる
人気blog ブログの殿堂 JRANKブログ

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

08 : 31 : 40 | スポーツ | page top↑
| ホーム |

おすすめ情報商材

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入り


テクノラティお気に入りに追加する
My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
20070824_208790.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
JRANKブログ

ブックマーク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。