年賀ハガキの古紙含有率は40%どころか1~5%しかなかった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
他の情報をみる
人気blog ブログの殿堂 JRANKブログ
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

年賀ハガキの古紙含有率は40%どころか1~5%しかなかった

年賀はがきの古紙含有率を40%って言ってるわりに・・・

環境への配慮をうたって古紙を40%利用して作ることになっていた年賀はがきの一部で、実際には1~5%しか古紙が含まれていなかったことがわかりました。

はがき用の紙を納入した日本製紙(同)が品質を向上させるため無断で古紙の配合率を下げたとのこと。

古紙にはちりなどが多く含まれ、紙のきめが粗くなるため、古紙配合率を下げたとみられています。

年賀はがきは古紙再生紙で40%が古紙ということをいっているので、買う側もそのつもりなわけです。だったら勝手に配合率を下げなくてもいいと思うんですよね。
あまりにも状態が悪ければ買わなければいいわけだし。

言われてみれば年賀はがきは古紙が入っているようには思えなかったな~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080109-00000205-yom-soci
スポンサーサイト
他の情報をみる
人気blog ブログの殿堂 JRANKブログ

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

17 : 49 : 38 | ニュース | page top↑
| ホーム |

おすすめ情報商材

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

お気に入り


テクノラティお気に入りに追加する
My Yahoo!に追加
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
20070824_208790.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
JRANKブログ

ブックマーク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。